12月議会報告 一般質問より

体育館にエアコン

12月議会では、一般質問で避難所にもなる学校体育館のエアコン設置について取り上げ、前向きな答弁があり大きく前進しました。

政府の事業債を活用へ

学校体育館のエアコン設置について、市教委は、設置を検討すると答弁しました。
設置経費は、国が7割を地方交付税として負担する「緊急防災・減債事業債」を活用したいと述べました。

9月議会、政府交渉で前進

学校の体育館のエアコン設置をめぐっては、9月議会で共産党の質疑で市長は、国と京都府に設置に向けた制度の拡充を要望したと答弁しました。
11月におこなった政府交渉で、文部科学省に国の助成・支援の拡充を要望していました。

水道民営化

フランス「ヴェオリア」社のHPに「八幡営業所」と無断記載

国会で水道民営化法が可決されましたが、八幡市では5年前から、上下水道料金の徴収業務をフランスの水メジャー「ヴェオリア・ジェネッツ社」に委託しています。

12月議会では、同社のホームページに八幡市に相談もなく、「八幡営業所」と記載されている問題を指摘したところ、市は委託内容から逸脱していることを認め、ホームページの表現を是正しました。

各地で問題化 一般新聞も報道

この問題では続編があります。

一般質問の後、全国展開しているヴェオリア社が自治体に無断でホームページに営業所として記載していることに各地の自治体から抗議があり、同社のホームページの営業所表記を削除したことが朝日新聞の報道で明らかになりました。